テーマ:雑貨

大館曲げわっぱのお弁当箱

大館曲げわっぱというと、 ♪秋田名物 八森 ハタハタ… の「秋田音頭」にもあるように、 秋田県大館市の伝統工芸品ですよね。 +曲げわっぱのお弁当箱小判弁当(大) 「日本三大美林」のひとつである秋田杉。 その中でも樹齢二百年余りにもなる 希少な天然の秋田杉の挽板を 煮沸して柔らかくしてわっぱ(輪っぱ)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若狭塗の“マイ箸”

最近ブームの“マイ箸”ですが、 これはそのマイ箸の中でも、 「高級な」部類に入るのではないかと思います。 高級と言っても、 金ピカで大きなブランドロゴが入ったような、 バブリーな感じは全くないので、 一見、拍子抜けするかもしれませんが… 「良いものをきちんと見極めて買いたい」 という方には、納得できるような一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタイリッシュな「フライ返し」

こんな「フライ返し」をお取り寄せしてみました。 「Butterflies fly」という名の、 お料理をすくう所が“ちょうちょ”模様になっている、 とてもスタイリッシュなフライ返しです。 実際使ってみました。 スタイリッシュなだけでなく、なかなか使いやすいです。 まず軽くて持ち易い。 持ち手とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津本郷焼のカップ

約400年の歴史を誇る、東北最古の焼き物「本郷焼」 その起源は、会津・若松城の屋根瓦だといわれています。 飴色で光沢のある「飴釉」を使ったニシン鉢や白磁など、 多様な色彩の器が作られており、 国内外での評価も高い焼き物です。 そんな伝統ある会津本郷焼の、かわいらしいカップを見つけました。 一見、焦げ茶色と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野田琺瑯のタッパー

実は今年、 はじめて「梅干し」を手作りしたんですよ。 我ながら、うまくできたんですが、 大量に(3kg)作ってしまいまして… 食べるときにわざわざカメから取り出すのも面倒なんで、 小分けにして保存できる容器を探してたんです。 それでネット検索してたら、 こんなホーロー製のタッパーを見つけました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日田の“小鹿田焼き”

大分県日田市といえば、最近は、 抗酸化作用の高い“奇跡の水”なんていわれてる 日田天領水なんて有名ですけど、 もうひとつ、有名なものが“小鹿田焼き” 1705年、大分県日田市の山里に開窯され、 以来、10軒の窯元で、伝統の文化や製法を 一子相伝で守り続けているという、 国の重要無形文化財です。 優しいな黄土色と、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッタ・ヤンスドッターのファブリック

ロッタ・ヤンスドッター(Lotta Jansdotter) さん 北欧出身(フィンランド生まれ、スウェーデン育ち) のテキスタイルデザイナーです。 植物や風景がモチーフの アースカラーのテキスタイルが印象的で、 日本にも沢山のファンがいらっしゃいます。 ◆エコバッグにいかが?Lotta Jansdotter(ロッタ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和紙のおすそ分け袋

北国の親戚から、今年も“りんご”が届きました。 それもダンボール箱にいっぱい… そうそう、これ知人のお見舞いに持っていこうかしら、 でも、スーパーやコンビニの袋に入れて持っていくのはちょっと… なんて時には、この袋の出番です(笑) スーパーやコンビニの袋だとちょっと失礼な感じだけど、 だからといって、盛籠なんかに入れて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“おいしいキッチン”プロジェクト

“おいしいキッチンプロジェクト”をご存知でしょうか? 「おいしくご飯を食べよう」という構想のもと、 福井市の地域産業創造会議が母体となり、 デザイナーと、高い技術を持った工場が手を組んで、 おいしくご飯を食べるためのキッチン雑貨や シンクなどのシステムキッチンなどを製作しています。 高い技術を持っているのに、販路が開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビール飲むなら…“うすはり”グラス

江戸の伝統工芸にも指定されている“うすはりグラス”をご存知でしょうか? うすはりの“はり”とは、ガラスの意。 大正時代に吹きガラスにて電球を作っていた技術で作られた、 厚みが1mm未満という、超極薄のグラスです。 グラスが薄いだけに、 暑い時期などは、グラスの熱で飲み物の温度が変わることなくいただけます。 私もこのグラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィンランドバーチ トレー

フィンランド産のバーチ(白樺)材を ロータリー(かつら剥き)にして薄い単板にし、 それを重ね合わせて作った “フィンランドバーチ”のトレーです。 食品基準をクリアした塗料を使っているので、 トレーに食べ物を直置きできるのがいいんですよね。 来客にご飯やお酒などをお出ししていると、 いつの間にか、洗う食器が増えてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊万里・有田焼

佐賀県は有田町といえば、“有田焼”で有名ですよね。 今は名称が統一されて“伊万里・有田焼”と呼ばれているそうですが… 有田焼とか伊万里なんていうと、 最初に開運!なんでも鑑定団に出てくるような 鮮やかな色絵のついた「お宝」を思い出してしまう私ですが^^; こんなシンプルで、モダンリビングにマッチした デザインのものもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリジナル百合羽反椀 汁椀

見た感じはちょっとモダンな味噌汁のお椀なんですが、 これ、“古代塗り”という手法で塗られたお椀なんです。 考古学は詳しくはないけど、私もちょっと好きな方でして… 青森には「三内丸山遺跡」という遺跡があるんですが、 そこで発掘されたもので“漆塗りの土器”があるんですよ。 漆塗りって、縄文~弥生の時代か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more