ペットの迷子札用電話番号?「ワンにゃんバー」

IT関連企業のエニグモのサービスである
プレスブログからの情報なんですが、
NTTに「050あんしんナンバー」というサービスが
あるんですけど、そのあんしんナンバーの
新しい使い方として今提唱されているのが
ワンにゃんバー」という使い方なんだそうです。



大切な飼い犬や飼い猫が迷子になるのを
予防するために、迷子札なんてものを
つけたりしますよね。

その迷子札に連絡先を書く時に、
自分の家の電話番号や携帯番号を書くのって
何か不安じゃないですか?

そんな時には「ワンにゃんバー」の出番です。
050から始まる11桁の電話番号で、
この番号にかかってきた電話は、
携帯電話や自宅等、あらかじめ指定した番号につなぐ。
もしくは、
留守番電話につなぐ。
というのが選べるんです。
いわば、もうひとつの電話番号というか、
メールで言ったらフリーメールみたいなものかな?

しかし…この「ワンにゃんバー
半年前に知りたかったなぁ。。。

ちょうど半年ほど前なんですが、
私の友人が迷い猫を拾ってきたんです。
友人は工事現場で働いてるんですが、
その迷い猫は朝からずっと現場周辺をうろついていたと。

メインクーンだったかな?
明らかに血統書付きのいい猫だったんで、
迷子になってしまったんだろうということで、
愛護ボランティアのHPに掲載してもらったり
ポスターを作って、現場付近や動物病院等に
貼ったりしたんですが、その際に困ったのが
連絡先の電話番号なんです。

その時は結局、友人の携帯番号を載せましたが…
ワンにゃんバー」を知ってれば、
是非使いたかったもんなぁ…。

ついでに…その迷い猫ですが、結局飼い主さんとは
めぐり合えず、今ではすっかり友人宅の猫になって
いたのでありました。
ん~なんだかなぁ。。。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック